企業の方へ

社内を大事にしなければ、お客様に伝わりません。
協創育では、パーソナルリソースプロファイリングを使って、リテンションマネジメントというサポートをいたします。

※ リテンションマネジメントとは…社員をリテンション(維持)するためのマネジメント。社員の定着率を上げ、離職率を下げ、収益を生み出す社員を一定期間社内に確保する、社員定着、離職対策の施策です。

私は、営業・マーケティング畑から、人材畑に自分の仕事を変えました。
と言うのも、ずっと営業支援やプロモーションの支援などを主にやってきたのですが、サポートに入って思うことはいつも同じだったからです。

  • こんなに良い商品なのに、スタッフが興味を持っていない…。
  • お客様はいっぱい付いてくれているのに、その対処を面倒だと思っているスタッフが多い… 。
  • 商品説明がワンパターンで丸暗記、お客様に伝わっていない。
  • 数字ばかりに目が行って、お客様の気持ちになっていない。
  • 良い物を勧めているという気持ちが無く、クロージングができない。
  • CSのオペレーターが自分らはどうせクレーム処理だと思っている。
  • 営業マンと技術者、制作者の間に溝がある。

などなどなど……。

もちろん、そういう会社は、そうなる以前から問題もありました。

  • 社長はこんなにすばらしい人なのに、スタッフはまったく知らない。
  • 部下の気持ちを汲まない上司がいて、みんな辞めたがっている。
  • スタッフの不満が蔓延していて、どうせ上に言っても聞いてくれないと思っている。
  • 仕事を馬鹿にしているスタッフや、派閥を作るお局をもてあまし、誰も触れないようにしている。
  • スタッフ間の意思疎通や繋がりが悪い。
  • 営業部長や課長と、営業スタッフの確執がある。
  • 数字の取り合い、やっかみなどで、人間関係が歪になっている…。

売上げが上がらない、営業マンが売れない、スタッフが…。
同じような悩みをたくさん聞きますが、だいたい内容はスタッフの気持ち。

スタッフを楽しませていない…スタッフが活きていないんです。

もちろん、大事にしているつもりです。

悩む上司

でも幹部が思う「大事」と、スタッフが思う「大事」がすれ違っているかも知れません。現場をよく見てみてください。いろんなタイプ、性格のスタッフがいます。褒めて伸びる子も居れば、褒めると調子に乗って何もしなくなる子もいます。

パーソナルリソースプロファイリングを用い、どの子がどういう性質を持ち、どういう素質と気質でそういうことをするのか、というのが全て分かるのが、協創育のリテンションマネジメントです。

経営者、幹部にとって売上や新規事業は大事ですし、楽しいです。
しかし、上部が前ばかり向きすぎていませんか?
ふと内部も振り返ってみてください。スタッフの状態はどうでしょうか?

こんなことになっていませんか?
こんなサインがあったらすぐ、考えましょう。すぐに、「スタッフのための」改革が必要です。

  • ミーティングや飲みにケーションを嫌がる。
  • 飲みも食事も社長や上司の苦労話、自慢話、熱いビジョンばかり。
  • 社長や幹部が新しい事を始めると、仕事が増える…とうんざりするスタッフがいる。
  • お昼休みに全員外に出かけてしまい会社の愚痴を言っている、社内や幹部、社長などとご飯を食べたいスタッフが少ない。
  • 仕事が多くこなすのに精一杯で、改善も改革も、そしてスキルアップもしていない、できていない。
  • 社長が持ってくる面白い仕事、将来の為になる仕事にあまり乗ってこない。
  • 遅刻や欠席が多い。
  • 指示したことが遂行されるのが遅くなってきた気がする… 。
  • 経営者や幹部の言葉が末端まで通じていないような気がする。
  • 下からの意見がなかなか上がってこない。
  • 報・連・相が弱く、社の現状を把握するのが難しい。
  • せっかく育ててきたのに辞める、人材の定着が弱い。
  • スタッフの不満や不安が余所から伝わってくる。
  • 幹部が、思うように運営をしてくれていない気がする。
  • おかしな派閥や、あまり良くない人間関係の噂を聞く。
  • 少数の幹部以外は、社長が何をしたいかすら知らない。

怖いですね…。
読んだだけで、そんな会社はまずいぞ…っていうのは分かりますよね。

ビジョンが明確で末端まで理解できるように工夫してください。

上司と社員

上司が部下への愛情の上で接してください。
どうすれば昇級や昇格ができるか、明確に見える制度を作ってください。
コミュニケーションの風通しの良い組織にしてください。
人事評価制度・給与体系作りなど、運用方法が納得いくものを作ってください。
ワークライフバランスが取れる環境にしてあげてください。
現場が意見をちゃんと言える関係を作ってあげてください。
メンタル面を守ってくれる体制を持ってください。

もし、手がけるのが難しい、時間が無い、今更どうして良いか分からない、外部の人間が入った方が、いろいろ都合が良い…。

そういう方は、ぜひお声かけください。まずスタッフが実は持っている、素質についてお話ししましょう。

リテンションマネジメント…それは
「スタッフがやりがいをもって、楽しく元気に働ける職場を作る」
そしてそれが、もちろん売上げに繋がる、ということです。

大事なスタッフが辞めない。楽しく働ける。それがモチベーションになり、会社を支え、売上を上げる… 。
そういう会社を作ってこそ、本当の社会貢献だと思っています。

代表理事 石井美鈴